アルパカログ

Docker ポリシー変更まとめ(2020年11月)

2020年9月02日
🔖クラウド・インフラ

2020年11月1日にDockerのポリシーが変更されます。

ポリシーの変更点は2つで、1つは非アクティブなイメージの保持期間、もう1つはイメージのpull回数制限です。

このエントリでは、2020年11月1日に変更されるDockerポリシーの要点をまとめます。

変更点1. 非アクティブなイメージの保持期間

「非アクティブなイメージ」とは、直近6ヶ月間にpushもpullもされていないイメージを指します。

より詳しくは下記をご覧ください。

変更点2. イメージのpull回数制限

「pull回数制限」とは、Docker Hubへのmanifestファイルのリクエスト数を指します。

pullに紐付くレイヤー(blob)のリクエスト数には現時点では制限は設けないとのことです。*1

より詳しくは下記をご覧ください。

対応が必要になりそうなところ

CircleCIやGitHub Actions、Travis CIなどのCIサービスは、今回のポリシー変更による影響を受けるのかどうか、今後の各社のアナウンスに注目したいところです(それぞれ自前でレジストリを持ってそうな気もします)。

開発環境をDockerfileやDocker Composeで構築している開発チームが多い会社では、anonymousユーザーがIPアドレス単位で制限されることを考えると、オフィスにいる開発者の人数によってはイメージがpullできなくなるということが起こりそうです。

Docker Hubの代替としてパッと思いつくのは、AWS ECRやGCP Container Registryでしょうか。

追記:GitHub Container Registry

9月1日にGitHub Container Registryのパブリックベータが公開されました。

anonymousアクセスで、パブリックイメージについては無料。プライベートイメージについてもベータの間は無料とのことです。

詳しくは下記をご覧ください。

以上です。

このエントリでは、2020年11月1日に変更されるDockerポリシーの要点をまとめました。

タグ