アルパカログ

GitログからコピペなしにコミットIDを入力できる自作ツールの紹介(fzf-git)

2020年12月18日
🔖Git・GitHub🔖shell🔖個人開発・OSS活動

Gitでcherry-pickするとき、面倒だと思ったことはあるでしょうか?

私はあります。私がcherry-pickするときの手順はこんな感じです。

git branchでブランチ名を確認し、git log <branch>でコミットを表示してコミットIDをコピー、git cherry-pickを打ってコミットIDをペースト。うーん、とても面倒です。

そこで以前紹介した fzf-git でGitログからコミットIDを選択・入力できるようにしたので紹介します。さっそく下記のデモをご覧ください。

An image from Notion
cherry-pickもラクラク

新たに追加したコミットIDの選択機能は、デフォルトでカレントブランチのログを表示します。

通常、cherry-pickでは別のブランチからコミットを持ってきたいので、キーでブランチ一覧、キーでブランチ選択&ログ表示ができるようになっています。

また、タブキーで複数選択もできます。

インストール、アンインストールも簡単なので、ぜひ fzf-git を使って快適にcherry-pickしてくださいね。

以下はv0.1.0からのアップデート方法です。

v0.1.0からのアップデート方法

masterブランチをpullします。

$ cd ~/fzf-git
$ git pull origin master

~/.zshrcに新しいキーバインドを追加します。下記のようにfzf-git-commit-widgetをお好きなキーにバインドしてください。

-   bindkey '^G' fzf-git-widget
+   bindkey '^G' fzf-git-widget && \
+   bindkey '^H' fzf-git-commit-widget

ターミナルを開き直すかsource ~/.zshrcすれば完了です。GitリポジトリでCtrl+Hを押してみてください。

タグ