アルパカログ

液晶が割れたMacBook Proを計算リソースにする方法

2019年4月22日
🔖ライフハック

MacBook Proで液晶が割れた場合、修理は高額だ。

新品の購入も検討した方が良いだろう。私は新品を購入した。

このエントリでは、液晶が割れたMacBook Proをクリーンインストールして計算リソースにする方法を説明する。

クリーンインストールの手順

アカウント類は全てログアウトしておく。

特にiTunesの認証解除を忘れると、全端末解除しかできなくなるので忘れずやっておく。

Cmd + Rを押したまま復元モードで起動し、ディスクを消去。

ネットワーク経由でOSを再インストールする。

計算機リソースにする手順

SSHログインできるようにするため設定から「共有 > リモートログインを許可」しておく。

IPアドレスを固定しておくとなお良い。

リモートデスクトップもできるようにしておくと便利だ。

オススメはChrome リモートデスクトップだ。

省エネルギー設定から「ディスプレイがオフのときにコンピュータを自動でスリープさせない」にチェックを入れておく。

そうしておくことで、時間のかかる処理でもスリープして止まることがなくなる。

と言っても、MacBook Proの蓋は開けっぱなしにしておこう。

閉じるとスリープしてしまう。

An image from Notion

MacBook Proの液晶が割れた場合の修理費用を知る

MacBook Proの液晶が割れた場合の修理費用が気になる方や、どうやって液晶が割れたか知りたい方は下記の記事からどうぞ。

タグ