アルパカログ

📅  2020-10-05

心が晴れる考え方「菜根譚」まとめ


堅い菜根もよくかめば、滋養となって心身は健やかになる。

菜根譚は「心安らかであるためには」をテーマに、儒教、道教、仏教から生き方に関する言葉をまとめた書物で、そこには仕事や人間関係の悩みが絶えない現代人にも通用する考え方がたくさんあります。

このエントリでは「菜根譚」の中から、心が重たくなったときに読み返したい言葉を抜粋して紹介します。

心の重荷を下ろす

他人の言葉に惑わされない

人の心は移ろいやすいと知る

人との距離を保つ

素朴さを大切にする

ほどほどに生きる

以上です。

このエントリでは「菜根譚」の中から、心が重たくなったときに読み返したい言葉を抜粋して紹介しました。

菜根譚には、ここで紹介したもの以外にもまだまだ多くの言葉があります。

仕事や人間関係で悩んだとき、悶々と考えてしまうことはよくあることだと思います。そんなとき書棚からスッと手にとって読みたい…菜根譚はそんな1冊です。

興味が湧いた人はぜひ読んでみてください。

同じカテゴリーの記事


おすすめ記事


最新記事


カテゴリー