logo

アルパカログ

Golang

BigQuery RECORD型をGoのネストした構造体(struct)にマッピングする方法

BigQueryからデータを取得する際にRECORD型をGoのネストした構造体(struct) にマッピングする方法を説明します。

Goにおける「依存性逆転の原則」に関するメモ

Goで依存性逆転の原則を実現するにあたって、依存についてとインターフェースの使いどころをまとめます。

Go言語 配列とスライスの宣言方法(array/slice)

Go言語(Golang)には固定長の配列(array)と、可変長のスライス(slice)があります。このエントリでは配列とスライスの宣言方法についてまとめています。

Go言語 スライスの初期化と要素追加の注意点

Go言語に限らずポインタが存在する言語では「ポインタなのか?値なのか?」ということに常に気を配る必要があります。さらにスライスになると「中身がポインタなのか?」「容れ物がポインタなのか?」「どちらもポインタなのか?」というように、注意すべきことが増え、気を抜くと簡単にランタイムエラーになってしまいます。このエントリでは、スライスとスライスのポインタで異なる初期化方法や要素の追加についてまとめます。

サイボウズガルーン Go言語向けREST APIクライアントを書きました

ガルーンのREST APIクライアントを自作しました。