logo

アルパカログ

Git・GitHub

Git 実践コンフリクト解消「まだあわてるような時間じゃない」

Gitの初学者向けに、コンフリクトをわざと発生させてコンフリクトがなぜ発生するのか、発生した場合にどう対処すれば良いのかを学びます。

easy-notion-blogをフォークした後に本家の変更を取り込む方法

easy-notion-blogをカスタマイズのためにフォークした後、本家の機能追加やセキュリティアップデートを取り込む方法を説明します。

GitログからコピペなしにコミットIDを入力できる自作ツールの紹介(fzf-git)

Gitでcherry-pickするとき、面倒だと思ったことはあるでしょうか?私はあります。今回、以前紹介した fzf-git をバージョンアップし、GitログからコミットIDを選択・入力できるようにしたので紹介します。インストール、アンインストールも簡単なので、ぜひ fzf-git を使って快適にcherry-pickしてくださいね。

Gitで差分のあるファイルを簡単に入力できるウィジェットの紹介(fzf-git)

Gitを使っていて最も面倒なことのひとつはファイル名の入力だと思います。できればスマートにやりたいものです。そこでインクリメンタルサーチの代名詞であるfzfを使ってちょっとしたツールを作ってみました。

GitHub コードレビューでサジェスション機能を使って差分を提案しよう

GitHubを使ったチーム開発では、コードレビューの際に「ここはこう書いた方が良いと思います」といったコミュニケーションがよく発生します。そんなときはGitHubの差分のサジェスション機能を使うと、そのままコミット可能な差分を作成できるので便利です。このエントリでは、GitHubのサジェスション機能を簡単にご紹介します。

Git コミットを整理しよう!便利な git rebase -i の使い方

Gitを使って開発していると「あ、このコミットさっきのコミットにまとめたかったな…」ってことがあります。コミットを整理することは、レビュアーの負担軽減にもなるので大切です。そこでこのエントリでは、ブランチをPushする前に git rebase -i を使ってコミットを整理する方法を紹介します。

Git git-completionでコマンドやブランチ名を補完する方法(zsh)

Gitコマンドは普段何度もタイプするので、効率アップのために補完を使うのがおすすめです。このエントリでは、zshでGitのサブコマンドやブランチ名を補完するgit-completionの設定方法を紹介します。

Git 図解でわかるコミットのIDと修正(amend)

Gitが初めての人にとって、Gitにおけるコミットを理解するのは少し難しいです。コミットを理解すれば、Pushしたときになぜエラーが起こるのかわかるようになります。このエントリでは図を多用しながら、Gitにおける「コミット」と「コミットの修正」について説明します。

GitHub READMEでプロフィールを書く方法

GitHubで自分のアカウント直下 github.com/username に、マークダウン(README)で書いたプロフィールを表示できるようになったみたいです。このエントリでは、GitHubのREADMEにプロフィールを書く方法を紹介します。

GitHub ActionsでTerraform plan/apply自動化(setup-terraform)

GitHub Actionsのワークフロー設定ファイルは、以前はHCL形式でしたが今ではYAML形式になっています。このエントリでは、GitHub Actions(setup-terraform)でTerraform plan/applyを自動化する方法を紹介します。